アクセスカウンタ

<<  2007年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


83 とらわれぬ心

2007/06/06 14:01
梅雨が始まったというのに朝晩はまだまだ涼しい今日この頃です。
梅雨はうっとおしい、じめじめとしてイヤな季節ですよねという声も聞こえます。
しかしこの梅雨があってこそ水の確保が出来るともいえます、自然は良く出来ていますね
ところで、これから暑い季節を迎え、お店などに入りますと冷たいオシボリがでますね
冷たくてとっても気持ちいいものです。
ですが、何年も前のことですがある店で夏の暑い日に、広げるのにも熱いオシボリがでました
そのときは「この暑いのに・・・」と思いつつ、出された熱いオシボリで汗を拭きました
顔を拭くのは失礼かもしれませんが、とっても汗をかいてたものですからつい
ところが熱いオシボリで拭いてみますと、シャワーをあびたあとのような爽快感が生まれました
冷たいオシボリもいいのですが、熱いと拭いたあとの爽やかさが違いました
それを知っていてわざわざ熱いオシボリにしているのだなと感心いたしました
思いやりなのですね、それ以来、夏は暑いオシボリと決めている自分がいます
冷やしたオシボリもありがたいものですが、夏は冷たくと言いかねる発見がありました

物事というのは「こうでなくては」という観念がないものだとも思います。
「とらわれぬ心」仏教の教えですが、一本のおしぼりからも垣間見られた瞬間でした。

ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2007年6月のブログ記事  >> 

トップへ

本寿院 ひとこと法話 2007年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる