本寿院 ひとこと法話

アクセスカウンタ

zoom RSS 113 柿の実ひとつ残すのは

<<   作成日時 : 2015/12/13 13:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
法事で出かけたおり、見た光景に懐かしさを覚えました。
柿の木に一つだけ残った柿の実です。
幼いころ、全部取ったらダメだよ、一つは「木守りの柿」だからね、と母に教わりました。
言葉だけは知っていましたが、意味までは詳しく知りませんでした。

そういえばと検索してみました、「来年もたくさん実が成るようにとの願い」
先人の知恵と自然に感謝する思いが込められているんですね。

反対に「根こそぎ」という言葉もありますが、「木守りの柿」という教えからは心が豊かになる温かい思いがします。

食事を前に「頂きます」と合掌する、それには「今年も実ってくれた自然の恵みを有り難く頂戴いたします」
という大切な心も添え、大事にしたいものです。

ありがとうございました。

お骨仏のお寺 本寿院 法事部 法友

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
113 柿の実ひとつ残すのは 本寿院 ひとこと法話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる