本寿院 ひとこと法話

アクセスカウンタ

zoom RSS 118  無になるとは

<<   作成日時 : 2016/04/13 15:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

誰が見ていなくとも道に落ちている空き缶をそっと拾う姿勢
ただ拾う、それだけ。落ちていた、拾った、片づけた。たったそれだけです。

そこには損得もありません、落ちていたから拾っただけです。
それ以外、何もない、思わない。

それを「無心」と言います。

座禅においても、ただ座る、座る姿勢に成りきる
座っているから、ただひたすらに座るだけ
それだけです。

何事においても、いま目の前にあることに集中すること
その時その時に命を懸けることに生きるだけ
それを一所懸命と言います。
今ですと一生懸命と書いても間違いではないと言われておりますが
本来の教えでありますと「一所懸命」です。

生きるとは、今何をしているか、そのことを生きるだけ
目の前に空き缶が転がっていた、何をするか、何をしたか。

それは「無心」があってからこそです。
そこに余計な考えはなく、ただひたすら行いに集中するだけ。
どうぞ善き時間をお過ごしになられますように。


本日も有難うございました。

お骨仏のお寺 本寿院 法事部:禅道

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
118  無になるとは 本寿院 ひとこと法話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる